行政書士解答速報の活用方法【受講していなくても閲覧する事は可能】

幼稚園で働ける資格

保育士

就職先の選択肢が増えます

幼稚園教諭の資格があれば、幼稚園で正規採用の職員として働くことができます。この資格を得るためには、大学もしくは短大・専門学校で所定の単位を取得する必要があります。大学で学ぶメリットは、4年間の在学期間のうちに、小学校教諭・保育士・児童心理士など、子供に関するそのほかの資格の取得も目指せることです。そして、より多くのスキルが身につくゆえ、就職先の選択肢が増えます。近年では、幼稚園教諭の需要が高まっています。その理由は、子供の学習面・心理面の教育に力を入れている保護者が多いことが関係しています。ゆえに、幼児向けの学習塾やプレイスクールにおいても幼児教育に関わる有資格者を優遇して採用しています。また、私立・公立の教育機関で子どものカウンセリング業務に従事する者に幼稚園教諭を求める場合があります。このように、さまざまな職場で活躍できる資格といえます。幼稚園教諭の人材ニーズの高まりを受けて、一部の大学では、その人材を育成する動きを強めています。それは、幼児教育とは関係ない学部の課程を修了した者にも、幼稚園教諭の免状が取得できるカリキュラムの用意です。以前の大学卒の学歴を基礎資格として、幼稚園教諭の資格取得に所定の単位を修めれば、その免状が得られます。そのほか、保育士として一定の実務経験があれば、幼稚園の先生の資格試験の一部が免除される制度もあります。よって、学歴に関係なく幼稚園教諭の試験を受けられます。

Copyright© 2018 行政書士解答速報の活用方法【受講していなくても閲覧する事は可能】 All Rights Reserved.