行政書士解答速報の活用方法【受講していなくても閲覧する事は可能】

学校に行き資格を取得する

保育士

将来保育士として働きたい

幼稚園と保育園は似ているようですが、必要な資格が違います。幼稚園は子供を教育する場所なのに対して、保育園は働く親にかわって子供を預かる場所です。幼稚園教諭として働きたい人は、幼稚園教諭の免許を取得しなければいけません。保育園で働く場合は、保育士資格を取る事が必要です。幼稚園教諭や保育士の資格を取りたいと考えたら、4年制の大学か、短期大学の保育科に行く必要があります。または保育の専門学校でも良いです。きちんと大学や専門学校で単位を取得して卒業する事が出来れば、国家試験を受けなくても資格が取れます。取れる資格は、保育士資格と幼稚園教諭の免許です。なので学校を卒業すれば幼稚園と保育園のどちらでも就職する事が出来ます。通信教育で資格を取得する方法もありますが、自分で勉強するのは大変で、かなりハードルが高いのでお勧めできません。大学や専門学校に通うメリットは、資格が取得出来るだけではありません。学校には幼稚園や保育園から沢山の求人が来ますので、就職に有利という事です。沢山の求人の中から、自分の希望に合った園を選ぶ事が出来ます。就職のサポートをしっかり行って貰えますので安心です。学校に入学すると、子供の心理学や保健など保育に関わる様々な事を学びます。体育や工作やピアノなどの実技が多い事も特徴です。幼稚園や保育園に数週間教育実習にも行きます。実際にクラスに入って、子供達と触れ合います。丸1日先生の代わりをする1日実習も行われます。

Copyright© 2018 行政書士解答速報の活用方法【受講していなくても閲覧する事は可能】 All Rights Reserved.