行政書士解答速報の活用方法【受講していなくても閲覧する事は可能】

活用の際に抑えるポイント

勉強道具

情報取集はマメに

国家資格の試験は全般的に難易度が高く、予備校や通信講座を利用する方が多いです。行政書士試験もまた合格率の低い試験であり、試験は法律系で難解な事もあり予備校などの利用が合格確立を上げる選択肢と言えます。予備校や通信講座では行政書士試験終了後すぐに解答速報を公表します。自身の解答との照らし合わせができる事から活用されている方は多いですが、解答速報を鵜呑みにしすぎない事に注意が必要です。解答速報は行政書士講座を受講していなくても閲覧する事は可能です。誰でも確認する事ができますが、行政書士協会が出している正式な解答ではない事を理解しておくことが必要です。各種予備校等の講師が問題用紙を受験生ないしその為に受験した講師から取得してすぐに解きます。講師が解いているので間違いはないのですが、例年2問程訂正もあります。解答速報を試験終了後確認して合否を確認しても、数日後に訂正内容が更新されている事もあるので定期的に情報を確認する必要はあります。1〜2問で合否が変わらない方は良いのですが、ギリギリの方は特に最新の情報を得る事を忘れない事と、解答はプロが出してはいますが正式な協会が出しているわけではない事に理解が必要です。以上の事から解答速報は誰が出しているものであるかと、正式な解答ではないという事を忘れない事が活用方法です。ほぼ性格な内容ではありますので、行政書士試験受験者は必ず問題用紙を持ち帰る事も忘れてはいけません。

Copyright© 2018 行政書士解答速報の活用方法【受講していなくても閲覧する事は可能】 All Rights Reserved.